目の疲れとドライアイ

みなさんは携帯電話、パソコンを1日にどれぐらい使いますか?

仕事でパソコンを使う人には、1日6時間パソコンをみている、等と言う人もいるでしょう。また、携帯電話の小さい画面と向き合ったあと、顔を上げると目がしょぼしょぼしてピントが合わない、という経験をしたことをある人もいると思います。

現代人は疲れ目のリスクをたくさん背負っています。その中でもドライアイについて説明したいと思います。ドライアイの症状は、目の疲れをさらに強めてしまいます。

そして、仕事や日々の生活に必要なことなので仕方ありませんが、同じ画面をじっと見続けているとまばたきの回数が減り、ドライアイを起こしてしまいます。また、目が疲れたまま酷使し続けると、肩こりや頭痛、吐き気、食欲不振などの全身症状を起こしてしまうこともあります。

ドライアイのほかには、メガネやコンタクトレンズを使っているうちに視力と度数が合わなくなることが、目の疲れを引き起こす原因になることがあります。 定期的に眼科を受診し、眼鏡やコンタクトレンズの調整をすることをおすすめします。

物がかすんで見える症状や、目の奥のほうに痛みを感じるという疲れ目の症状は、軽いうちに目を休ませれば回復します。最近は、予防医学の重要性が再認識されています。 目の疲れをはじめ、全身症状で「たかが」といわずに、ゆっくりと休ませてあげて、大きな病気に進まないよう予防に努めてください。

スポンサーリンク