疲れ目にはブルーベリー

目の痛み、疲れを経験したことがある人はどれほどいるのでしょうか。

はっきりとした痛み、疲れがなくても、室内から外にでたら目がしょぼしょぼした、視線を動かすと景色がかすむ、程度の経験はどんな人でもあるではないでしょうか。

それは、「目が乾いている」「目の筋肉が緊張している」などのサインなのです。

軽いうちは目を休ませるだけで回復しますが、目の疲れが頭痛、肩こりなどの症状に信仰する前に予防医学を実施しましょう。

目を疲れを回復させる方法としてアイロピーなどがありますが、そんなものを購入しなくても目をつぶってホットパック(目の上に蒸しタオルを乗せる)をするだけでも結構が促進されて効果を得ることが出来ます。

食生活において必要な栄養素を取ることで、疲労回復のしやすい体質にしていくことも大切な予防といえます。 そして、栄養素といえば「ブルーベリーが目に良い」と言う話を良く耳にしませんか?

何故良いかと言うと、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が目によい働きをするためです。 これは目が疲れてから摂るのではなく、これから目を使って何か作業をする3時間ほど前に摂ると、もっとも効果的と言われます。
アントシアニンは、目で見た映像を脳に伝える働きの手助けをします。

「朝のパンに塗るジャムはイチゴ!」という習慣の人も、少し気分を変えてブルーベリージャムにしてみるのも良いかも。